FC2ブログ
     

おっくんの勝手気ままに一人旅

おっくんが旅について熱く語るブログです。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  【日帰り青春18きっぷで行ける、北限の温泉地】 

スパリゾートハワイアンズ

言わずと知れた、有名温泉リゾート。
首都圏から片道5時間の移動に耐えられれば、18きっぷでの日帰りも可能です。
5年程行っていないので、施設についての評価は避けておきますが、湯量豊富な温泉とフラガールは本物です。

img_01.jpg
スポンサーサイト

◎  【来年行きたいところメモ・その6】  

信州 渋温泉

地獄谷野猿公苑で、猿が温泉に浸かっているのを見たのも、もう10年前の出来事です。
渋温泉の温泉街は、ツアーバスが大挙するところなのですが、一度も行ったことがないのです。
長野駅から長野電鉄とバスを使い、それほど不便なところではないので、1泊2日くらいで出かけたいところです。

article_art001812_2.jpg

◎  【来年行きたいところメモ・その5】 

湯野上温泉

ここには行ったことがないので、是非一度は訪問したい温泉地です。
車ではなく、浅草から鉄道を乗り継いで会津若松に行き、その帰りに湯野上温泉で宿泊するのがベストかな、という感じです。
湯野上温泉駅には、猫の駅長もいるので、会いに行きたいです。

SI10116_1301296272506.png

◎  【来年行きたいところメモ・その4】  

ピラミッド元気温泉

知る人ぞ知る超B級施設、なぜか那須にあるピラミッド。それがピラミッド元気温泉。
入り口にはスフィンクスがお出迎えという、B級好きにはたまらない施設です。
ご年配のオーナーがお世話をしていて、温泉旅館のサービスに多くは期待しないほうがよいです。
が、温泉の泉質は大変良いです!
この温泉があれば、私は十分リピーターになれるのですが、妻はもう二度と行きたくないということでした。
何故なのだろう…

a7005941.jpg

◎  【来年行きたいところメモ・その3】  

道志川温泉紅椿の湯

自動車がないと行くことができない場所ではありますが、結構穴場と思いますので紹介します。
神奈川県と山梨県の県境にある道志川沿い、山中湖に行く途中にある日帰り入浴と宿泊を兼ねた施設です。
日帰り入浴は1,000円と高めですが、泉質が良く露天風呂から川が臨めるロケーションが、とても良いです。
食堂も地元の手作り料理で料金も安く、美味しく召し上がることができます。
宿泊はしたことありませんが、手ごろな料金で泊まれるので一度は行ってみたい宿です。

image1-2.jpg

◎  【来年行きたいところメモ・その2】  

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

小淵沢駅近辺の観光施設で行ったことがないのは、ここと八ヶ岳リゾートアウトレットくらいになりました。
星野リゾートは、ビジネスの勉強という意味においても、早めに行っておきたいところです。

650x_10831850.jpg

◎  【おすすめの日帰り温泉・その5】  

西武秩父駅前温泉 祭りの湯(西武秩父駅構内)
西武秩父駅に今年オープンしたばかりの日帰りおよび簡易宿泊ができる施設です。
いろいろトラブルを起こし、営業休止を繰り返していますが、リクライニングシートを備えた快適な休憩室を備えた過ごしやすい施設です。
週末のみ、宿泊もできるようです。
温泉は一部浴槽のみ源泉を使用しているため、泉質に期待はしないほうが良いです。
食事は駅施設でバラエティ豊かです。
厳しいことも書いていますが、秩父観光の拠点に日帰り入浴施設があるのは、やっぱりありがたいのは確かです。

7-10.jpg

◎  【おすすめの日帰り温泉・その4】  

小菅の湯(JR青梅線奥多摩駅下車西東京バス小菅の湯行50分)
奥多摩からさらに奥に行くと、秘境気分が味わえる日帰り温泉施設があります。
それが小菅の湯。
奥多摩からのバス移動では片道980円かかり、一日4往復のみです。
そこで、毎週火曜日に青梅駅から無料送迎バスがありますので、それを利用するのがおすすめです。
1日入館料1240円で利用できる、スーパーお得なプランです。(事前に予約が必要)

青梅<旧マルフジ様前>(9:30)- 小菅の湯(10:35)
小菅の湯(15:00)- 青梅<旧マルフジ様前>(16:05)

温泉も肌がすべすべになり、仮眠できるスペースも完備。
地元特産の食堂もあります。
一度は訪れてほしい、そんな施設です。

5057_02.jpg

◎  【おすすめの日帰り温泉・その3】  

秋山温泉(JR中央線上野原駅無料送迎バスで約20分)
ここも、東京近郊で温泉旅行に出かけた気分を味わえる施設です。
電車は中央線が1時間に3本程度は走っていますが、無料送迎バスは、日祝日と繁忙期はお休みなので、要注意!
山間の旧秋山村地区にあり、自然をたっぷり味わえます。
畳の休憩所に食事もあります。
温泉は源泉がぬるめなので、ゆっくりつかるのが好きな方向け。
泉質抜群とまでは言えませんが、それなりに肌はすべすべになります。

gensenburo2015.jpg

◎  【おすすめの日帰り温泉・その2】  

ふじの温泉東尾垂の湯(JR中央線藤野駅から無料送迎バス15分)
知る人ぞ知る良質の源泉かけ流しの日帰り入浴施設です。
相模原市の奥地にある、首都圏ながら小旅行に出かけた気分になれます。
食事も野菜を利用した個性のあるメニューが多く、女性の方には喜んでもらえると思います。
座敷の休憩場所もあり、食事と温泉4時間滞在で2000円程度で済みますので、かなりお勧めです。

viewimg.jpg

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。